Home   システムエンジニアの求人と年収の傾向

システムエンジニアの求人と年収の傾向

システムエンジニアはIT業界における花形のイメージがあり、多くの求人募集が行われて若い世代が次々に参入してきている傾向が強い。
その魅力は、世界の基盤となっている情報技術の最先端で仕事ができるということであり、特殊な資格を持っていなくてもなることが可能であるということから、多くの若者が集まる職業となっているのである。

システムエンジニアの求人の特徴として、比較的に年収が高く設定されているという点があげられる。
就職して間もなく、年収が500万円程度になることも珍しいことではない。
しかし、昇給幅は一般的にはそれほど大きくはなく、平均的な年収は550万円程度に留まっている傾向が強い。

一方で、高収入を得る人については年収で1000万円を越える人もいることから、勤務先や働き方次第で高年収を望むこともできるという特徴がある。
特に外資系の企業においては、年収が高い傾向にあることから人気が高い。

先進国の中では、日本のシステムエンジニアの年収はあまり高くはない方である。
そのため、技術者としての実力と語学力とが伴うのであれば、欧米に就職先を探すのも良い方法である。
欧米においては給料が極めて高く、フリーランスで働いていても企業に勤めていても、年収にして1000万円を越えることはむしろ珍しくはない状況になっている。
その需要も高いことから求人募集も頻繁に行われており、エンジニアとしての仕事を見つけられる機会も豊富にある。

このように、システムエンジニアとしての市場価値を評価してくれる求人を探し出し、転職するというのも年収をアップさせるための1つの手だと言えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+